橋枝 沙斗子
  • 橋枝 沙斗子HASHIEDA SATOKO
  • Gibberish-Professhonals expert/認定インストラクター
    Laughter Yoga international University認定ラフターヨガティーチャー
  • 微笑みメンタル研究所 代表
    • facebook
    • instagram
    • web_site
どんな状況でもニコニコ・サクサク行動できる心を育て思いどおりの人生をサポートする“微笑みメンタル”トレーナー。
自然とアウトドアスポーツが大好き。怪我をきっかけに2005年よりヨガと瞑想を始め、心と身体の繋がりへの興味がとまらなくなる。インドにヨガの修業に行き、インド哲学、仏教を学び、ヴィパッサナー瞑想を実践。‘16年に重度のドライアイを発症し、長時間オフィスで働けなくなり、シングルマザーとしての不安もあり、無理にでも笑おうと、笑いヨガを始める。後に原因が職場での過度のストレスだったと気づき、セルフメンテナンスの大切さを知る。
現在は身体の動きや表情筋を使って心の状態を上向きにし、他人の笑顔からもエネルギーをチャージする『微笑みヨガ』を教えている他、『はたらく幸せ研究会』にて企業における幸福学の実践を研究中。ミッションは「自他の抜苦与」。自分と他人のWell-beingのために活動中。
ー ジブリッシュをはじめたきっかけ ー
2020年秋、のびーのラフターヨガ・ティーチャートレーニングを受講したときのジブリッシュは、今まで知っていたものとは別モノのように奥深く、’21年春にジブプロ講師養成講座に参加。合宿では広い道場の中で、全身を使ってブリッシュの実技を歌や踊りにまで広げて体験し、心の底からの解放を味わいました。屋外のジブリッシュウォーキングでは水鉢の睡蓮と対話し、自分がやってきたヨガのOneness、一つに繋がる感覚とジブリッシュの共通点に気づきました。翌月からオンライン朝活『微笑みヨガ』のクラスの半分をジブリッシュに変更して教えはじめ、笑いでは表現しきれない、ネガティブな感情を出せるところが気に入っています。
‘22年のジブプロ・インストラクター養成講座リアル一期でさらに学びを深め、合宿の最後に海に叫んだ私の宣言は「観音様になるぞ~!」でした(笑)。
《研修・講演実績》
鎌倉市給食職員研修/株式会社シー・エム・エス/相模女子大中学部・高等部 等
主な講座内容
・感情労働におけるジブリッシュを活用したアドラー流セルフマネジメント講座(接客業/一般向け)
・自己肯定感を高めるためのジブリッシュ/マインドフルネスを活用した講座(一般/企業向け)
・個人のWell-beingとコミュニケーション力を高めるためのジブリッシュ活用講座(一般/企業向け)
・輝く笑顔と若々しさを保つための笑いヨガとジブリッシュワーク(接客業/一般向け)